ヘルスケア分野の社会的課題解決を目指し、首都圏最大級の在宅医療機関【医療法人社団悠翔会】との連携を通じて、在宅医療の支援を中核とした事業を展開しております。

代表あいさつ

ceo_message

 我が国の人口構成の高齢化に伴い、人生の終末期を安らかに家族と過ごすニーズが高まる一方、高齢者に対する医療費が増大することが社会的課題になっています。
 当社はこの課題解決のために、在宅医療にかかわる医師と協力して在宅医療を促進し、在宅医療・看護・介護に関係する多職種の有機的協力を促進することにより、品質の高い在宅医療サービスを提供してゆきます。そのためにIoT技術を通じた情報共有や無駄仕事の削減を通じてコストパーフォーマンスのよいサービスを目指しています。また健康寿命を延ばすための予防医療にも力をいれ、糖尿病の重症化予防、心疾患に伴う突然死予防にも取り組み、高齢者の見守りなどもIT技術と人を介したコールセンターの機能を組み合わせて実現して行こうとしています。
 情報技術の進歩はこれまでの伝統的なヘルスケアサービスの在り方を変貌させる潜在力を持っており、この可能性を常に考えながら、心のこもったサービスを提供してゆくのが我々の使命です。


代表取締役
佐々木 美樹

文字の大きさ

標準 拡大
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.